雪掘り日誌15

2月10日 大雪警報 
東京での予定をキャンセルして、慌てて法末に戻った。
小千谷市内に一昨日駐車したエイド号が写真の状態。幸いワイパーが折られていなかったが、掘りだすのに30分以上かかった。市内でこうだから、山の法末はどうなることやら。
はたして、カフェの周囲を見渡すと、写真のような状態。カフェは地上10mの棟から屋根ごとすっぽりと雪に覆われていた。玄関への道も、改めて雪をどかしながら作るしかない。妻側から見上げる屋根に乗っている雪をみると、今年の雪はやっぱりすごい。屋根の雪をどかすにも、地面からの雪が屋根の高さまで来ているから、その上に放りあげるしかない。すべての屋根の雪をひとりで降ろすのに、何日かかるか。そして、落下や屋根雪の雪崩で埋もれるか、など危険もある。慎重にやるしかない。地元建設会社などもほかの除雪で忙しくて、応援は期待できない。しかし、このまま何日も放っておくと、雪が固まって、屋根を壊しかねない。
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック