カヌーコース視察

7月5日 雨のちくもり 
遊びなかま(社協の所長)の小林さんと渋海川にカヌー遊びのコース探しに行った。
彼はあの高柳じょんのび村のカヌー遊びをプロデュースしたエキスパート。
渋海川は地味な川だが、上流の十日町では深い谷を形成し、さながら深山幽谷の趣があって、カヌーで下から渓谷を眺めるときっと楽しいだろうと、以前から車窓から見下ろしながら考えていたので、小林さんがカヌーをやると知って、ぜひカヌー遊びをやろうと言っていたが、やっと視察にこぎつけた。
このあたりの地形は古生代に形成されたので、全体に砂地で、川が深く谷を刻んでいる。そして蛇行しているので、昔は蛇行している川のUの字の首の部分を人工的に水路を造ってショートカットして、水が来なくなった川筋を水田にする、瀬替えとよばれる大工事をあちこちでやっている。棚田もそうだが、この地方の農民は本当に米作りに真剣に取り組んできたのだ。
そんな歴史をたどりながら、自然のなかで遊ぶプログラムを開発したいと思う。
写真のように吊り橋もあり、ライン下りをしたくなるような渓谷美が見つかった。松代とかもっと奥まで行けば、さらに楽しい風景があるようだが、いずれ機会を見て視察に行こう。
とりあえずこの近場で、8月にカヌー遊びをやろうとなった。道具は町に揃えてあるそうだ。
8月の11日12日か18日19日のいずれかでやってみたい。
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック