石窯調理その3

7月8日 雨 
朝から雨模様 だから涼しくて、足湯がちょうどいい。
栃尾から杉野さん親子が来てくれるので、衛さんと4人で石窯調理の実験。
5日の小国中学校の実験では、石窯の温度が高すぎてピザが焦げてしまったので、今日は抑えめでやってみた。
いつものように、ピザ生地(ドウ)はちゃんと強力粉とイーストでこねて作って、一度ん炙ったドウの上にいろいろトッピングして、窯でじっくり焼いた。じっくり焼けるのを待つ間に、杉野さんおばあちゃんはオキ(火のついた炭)をとりだして、その上にアルミフォイルの上にチーズやベーコンを乗せた餃子の皮をおいて、カナッペを作っていた。たしかに餃子の皮も小麦粉から作ったのだから、ピザのようなもの。味は悪くない。アボガドとかパイナップルで甘味とかいろいろトッピングで遊べるから、ピザより遊び感覚で楽しいかもしれないと話し合った。だた、薄力粉で作った餃子の皮より強力粉が入って歯ごたえと適度な湿り気があるピザ生地のほうがもっと美味しいかもしれない。今度また、小国中学校の生徒をつかって実験をしてみよう。杉野さんは燻製づくりをやりたいと言っていた。ベーコンやスペアリブがやりたい。
写真2は今回作ったミックスピザ。ピザらしいピザがやけるようにはなったかな。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック