美味しい棚田米をつくるぞ2013(豪雨あけ)

8月1日 雨のちくもり
昨夜 2度目の豪雨 長岡は信濃川下流沿いの市街地などが大変だったようだ。
法末もすごい豪雨だった。朝 さっそく棚田の見廻りに出る。
今回も被害はない模様だが、油断はできない。
山の上の方にしみ込んだ雨が、あちこちの横穴から噴出している。これらは普段、棚田の貴重な水源だが、大雨のあとは大量の水が、後で出続ける。この水を逃がすバイパス(溝)があるので、そちらに振り向けるようにする。そうしないと、大雨で耐えて 少し緩んでいる畔が崩れる危険がある、徐々に 徐々に崩れる。
「山が水を飲む」と地元は言う。雨を山が蓄えてくれるので、河川の水量が急激に増えるのを抑えてくれるが、水はあとから沁み出して行く。
畔を歩いて、棚田を一枚一枚点検するが、もう草が茂っている。草刈りしなくちゃ。雨がよく降って、稲だけでなく雑草も元気に育っている。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック