美味しい棚田米をつくるぞ2013(故障か)

10月4日 晴れ
台風の影響はなかった新潟。
今年の秋は比較的穏やかな天候が続く。
しかし稲刈りはいろいろある。
一番の恐怖はコンバインの故障。こいつが動かないと、今は稲刈りができない。
人力では無理。昔は家族親戚総出で刈り取り。天日干し、脱穀とこなしただろうが、いまはそんなキツイ作業はみんないやがる。
ウチは現在宮田ひとりでやっている状態。ときどき集落の友達がひまがあると手伝ってくれるが。
写真はコンバインの刈り取り部分の修理状況。
昨日夕方、薄暗くなってしまったが 焦っていたので無理に刈り取りを進めた。突然ガタンといって コンバインが止まった。
翌日 見ると稲を刈って 獲り込む部分の歯が外れそうになっていた。カバーを外して なんとか直った。
助かった もし部品の交換が必要な故障だと その手配で最低2日は止まってしまう。
雨が降れば 作業はできないし あまり刈り取りが遅くなると 乾燥してくれる作業所が終わってしまう。こんな心配をしたくないので 最近の農家は200万以上もかけて乾燥と調整の機会を所有する。年に数日しか使わない農業機械 みんなで共有すれば無駄がないと思うが 晴れ間をぬってみんな一斉に作業をする 機械を共有すれば取りあいになる こんな気苦労はしたくない だからなるべく自前の設備を持つことになる 田植え機 トラクター コンバイン 乾燥機など全部で1千万する
なお 故障の原因だが 重い稲を持ち上げようとして故障したようだが もうひとうつヒエの種がいっぱいあちこちに入りこんでいた。メカニズムのあちこちで不具合を生じることになる。田んぼに稲以外の雑草をはえさせると 作業にいろいろなトラブルをおこすことになると学んだ。
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック