棚田の中干し

6月26日 晴れ
溝切り
稲作技術の今年のチャレンジの一つが中干し
田植え後1か月ほど 苗の株が増えてくる時期 一度田の水をなくして干す これで稲は驚いて水をもとめて根を張る これがあとで肥料の吸収をよくして 穂が実って重くなっても倒れない と言われている 農協も推奨している中干し しかし!山の棚田は湧水を頼り ちょろちょろ湧いてくる水を溜めて稲を育てる これから気温があがり晴れが続く季節に 一度水を落とすと 水がもう一度十分に溜まるかが不安 水管理など稲作技術初心者の私には越えなければならない課題 今年水が心配すくない棚田だけ中干しをトライ 写真は田の土に溝を掘って 水が抜けやすい環境をつくる そして再度水を入れるときに田の全体にすばやく水がいきわたる仕掛け
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック