また稲作の勉強になった

7月7日 雨(九州は大雨)
また勉強になった
ということは失敗したということ
棚田の一部の稲の生長が明らかに悪い
農協の指導員にみてもらったら 土の中にガス(メタン)がたまっているとのこと 原因はふたつ まず昨年秋に稲わらを十分に土にまぜなかったこと その結果土のなかで稲わらが十分に分解せず それがいまごろ気温が上がって 土中で分解発酵してガスを生成 もうひとつが中干しといって 田植えから1か月をめどに 一度田んぼから水を乾かす これで春以降に土中で発生したガスを空気中に発散させる。これらを十分にしなかった棚田はあきらかに生育が悪い 中干しについては 水が不便な田の水を 特に今年は雨がすくなく おっかなくって水を抜けなかった 今西日本は大変な雨だが 新潟は今年雪も雨も少ない 稲作が経験不足の僕には厳しい天候 収量は落ちるだろう これも経験
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック