テーマ:Tips

千住宿ふらふら

4月8日 快晴  「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり」 芭蕉が奥の細道への旅に出発した千住宿を散策。 風は少し冷たいが、桜に誘われ大勢の人が宿場通りを歩いていた。 楽しみにしていたやりかけ団子は休業の張り紙。 やっちゃば(青果市場)があった千住大橋の近く河原町には写真のような表札があちこちの軒先に掲げられている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番町まちあるき

3月31日 雨@東京  大熊さんと番町をまちあるき。日テレ通りに面する、今は河合塾のビルが建っている一画角地が、大熊家の土地があったとのこと。大熊さんに案内してもらいながら、裏通りを散策。 江戸時代は旗本屋敷と町人長屋や職人工房が集まる街だった。明治以降は沢山の文人墨客が住んでいた町で、大きな屋敷があった。その後それら屋敷の大きな土…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

たっしゃら市販売促進作戦

3月27日 晴れ@関東 バスで新潟に戻る途中。 池袋でバスを待っていると、昼食どきで、ランチメニューの宣伝看板が立っていた。女の子がその前で話している。やまびこをGWとか連休や休日に訪れる人達のための食堂や休憩所にしたい。やまびこや集落に続く道路の脇にこのような看板を立てて、通りかかる人にPRすれば、多少は人が来てくれるだろうし、い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

陸前高田の3.11とその後について

3月24日 雨@東京 中央区女性センターで陸前高田の実態について、市の村上さんが来られてお話をしてくださった。 あの孤立して、住民で一致団結して仮設住宅を造った長洞集落の話が感動的。60世帯のうち28世帯が全壊。 残った家に避難者たちは分宿。なんらかの縁戚関係がある。小さな集落の家々同志のつながりが「生き延びる」秘訣。食料の支援が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天神囃子営業日誌120217

2月17日 雪  今年1年の天神囃子の事業の下準備が始まっている。 1.囲碁合宿の準備 日本棋院長岡支部事務局長小方さんと打合せ。 首都圏の大学の囲碁クラブ学生に合宿に来てもらう相談。今年は7月8日(日)に長岡ジャンボ囲碁大会という、囲碁の団体戦が開催される。1チーム7人で参加。この団体として、首都圏の大学生を呼ぶ案が浮上。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食品販売方法のお勉強

1月29日 雪@法末  3時 池袋行きバスに乗る おなじみ関越高速上里SAの近況 おやき(越後ではあんぶ)のお店が開店 販売と休みどころとしてイートインスペースがある。これは外に面して、格子で視覚的に繋がっている。これが狭さを感じさせず、外を歩く人の関心も引くアイデアもの。囲炉裏と自在鍵を飾って、和風でくつろげる雰囲気も良い。今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪ほり日誌4+なでしこジャパン

1月1日 曇り  あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 31日から元旦にかけて、ずっとなでしこジャパンの試合再放送を見ていて、元気をもらった。 さっそく屋根の雪ほり。 たしか数日前にほってから、80センチちかくすでに積もっている。瓦屋根は1時間半ほどでほぼ掘り終えた。要領が分かって早くなったが、気をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪ほり日誌3

12月27日 雪  少し風がおさまったようなので。朝食もそこそこに屋根に上がる。山の天気は変わりやすい。北側の瓦屋根はこないだの雪ほりもむなしく、積雪1M以上。写真1から3は北側の屋根の施工前 施工中 施工後のもの。写真4から5は西側(中門上)の施工前と施工中 とにかく大急ぎですべて掘り終えた。さっぱりした。どうせまた、すぐにいっぱ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪ほり日誌2

12月25日 吹雪  昨夜だけで60センチほど積もった。カフェの南側の庭は写真のようにここ数日でかなり雪が盛り上がった。屋根の雪がときどきどかどかっと落ちる。それがそうとうの速さで積みあがる。このままだと、すぐに軒先に届いてしまう。そうなると、屋根の雪とつながって、屋根に雪が残り、その重さと下から繋がった雪が軒を引き下げる。これで屋根…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カフェの補強

12月23日 一日中雪  カフェの北側の2階の出窓が落ちないように、下から支柱で補強。屋根の雪の重さが出窓にのしかかり、桁を折って、出窓を落としてしまうかもしれないので。雪がこやみになったタイミングで、補強工事を決行。衛さんに助けてもらおうと思ったが、忙しいらしく、雪がどんどん降り積もるので、待っていられないから一人でなんとか終えた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激安日本酒にアタック

12月20日 雪  昨夜一晩で50センチ以上つもったらしい。軽トラが写真のような状態。エイド1号のワイパーが折られて、修理で借りた桜町オートの代車のワイパーまで折るところだった。 雪が降れば日本酒が美味しくなる。小千谷のチャレンジャーという安売りに行った。一升瓶がたまってこまるので、箱に入った酒をさがすと、なんと1.8リットル480…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪掘り始動

12月19日 雪  一週間ぶりに帰るとすっかり雪化粧は終わってる。 こうでなくっちゃ法末らしくない、なんてのん気なこと言って。 カフェの前庭も真っ白。あらかじめ軽トラに積んであるスコップで駐車スペースを雪かき。 もう北側の瓦屋根も30センチほど積もってる。明日、今シーズン最初の雪下ろしをしよう。今回はこまめに雪を降ろそう。どぶろ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大森山王小路

12月15日 晴れ@東京  大森駅西口、池上に向かうバス通りの裏側、JR線路との間の窪みのところに50m程残っている飲屋街。山の手の奥様がお買い物する駅前商店街のすぐ裏に、おそらく戦後から残る。大井町もそうだが、大井競馬とか平和島の競艇やオートレースで遊ぶおやじどもがうずくまるように集まる吹きだまり。やくざも居るだろうし、娼婦もいるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度

11月12日 晴れ  棚田の水は、わき水や小さな流れをかき集めて、大事に大事に水をためて使う。 そのためには、水路やため池の管理と同時に、田圃のヒビや畔の穴ふさぎが重要。水の抜け方も一枚一枚違う。 秋の稲刈り後に田を打つ理由は、このヒビ予防である。特に畔の脇のあたりが注意。土はじっとしていない。畔の土も常に下に崩れようとする。その…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

だいこんの間引き

11月11日 雨  衛さんの畑を借りて蒔いた大根が育って、間引きするのを忘れていた。衛さんが取ってきてくれた。 だいこんは小さくて、葉っぱは大きい。みずみずしくて、しゃきしゃきしていて。とりあえず葉っぱは刻んで、塩でつけた。根っこの白い部分は、お餅といっしょにお雑煮風みそ汁にしたら、大根ベビーはびっくりするほど美味い。味も香りも初体…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホットケーキとアールグレイ

11月11日 雨  冷たい雨が降っている。 これから棚田のハサ(天日干しのために単管を組んで作った)を片づける。 気分を盛り上げるために、ホットケーキを焼いた。香りの強いアールグレイ(守真弓さんがくれた)といっしょに楽しむ。 冬支度を急がなくては。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岩泉町で復興支援

11月6日 雨 UIFAJAPON世界女性建築家会議日本支部の面々と、岩手県岩泉町の仮設住宅にカフェを開き、仮設住宅で不便な生活をしている避難住民の憩いとふれあいの場を提供する事業に参加した。 東京から新幹線で盛岡まで2時間半。そこから車で約2時間。津波で被災した小本地区の住民が暮らす仮設住宅は遠かった。 雨の降る中、仮設住宅の集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小国秋祭り

11月3日 雨のち晴れ  朝5時に起きて、朝市なじょらい市の当番。 もうすっかり秋の気配で、野菜も少ないかと思ったけど、写真のようにけっこう豊富。たとえば、大根、白菜、ねぎ、里芋、柿、ブロッコリー、野沢菜、かぶ、キクイモ、ゴボウ、菊の花、銀杏、ずいき(里芋の茎)、キャベツ、アスパラ菜、小豆、カリフラワー、にんじん、さつまいも、こんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷のとんかつ屋

9月13日 晴れ 代官山ヒルサイドテラスのまちづくりセミナーを聴きに行く。渋谷駅から246を渡って線路沿いに少し行ったところは、おしゃれな町には程遠い、戦後の焼け跡の記憶が残っているようなところ。写真はとんかつや。ヒレとロースの区別がなく、ただとんかつ。だから、海老フライ定食がお得な750円。こんな場末のとんかつ屋のカウンターの隅っこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足湯繁盛

9月7日 快晴 足湯に八幡様をお迎えしたご利益だろう。 千客万来は大げさだが、今日午前中は地元の小学校児童が28名、自然体験学習で集落を散策し、足湯に来た。 午後は東海大学の加藤仁美先生と学生15名が足湯に入っていった。明日はやはり地元の中学生が草取り応援に来て、足湯に寄っていくそうだ。デジブックで「おばあちゃんの人形展」を公開し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お祭りでスイーツ販売

8月28日 晴れ 小国もちひとまつりが開催された。我がたっしゃら市は今年は白玉あんみつを販売した。ただの白玉ではなく、売れ残った枝豆を練り込んで、緑色の白玉(?)を作り、白い普通の白玉との涼しげなコントラストをウリにした甘味である。透明プラスチックのコップに、白玉と黒蜜とあんこをいれて、その上にスイカのスライスをトッピング。白玉と蜜が…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

栃尾の空き家を視察

8月5日 快晴 猛暑日    栃尾の杉野さんから頼まれ、近くの農家の空き家を視察。 持ち主はすぐ近所の農家。息子さんの家として取得したが、長男も次男も群馬や市内に家を構え、帰ってくるつもりはないらしい。娘が結婚して栃尾の市街地に住んでいるが、これも家はあるらしい。 結局、使うあてがなくなり、土地(800㎡)と家屋と蔵を売るか、貸す…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

鈴木浩先生のお話

8月1日 曇り@東京 福島県復興ビジョン検討委員会座長の鈴木先生に「原発被害と地域再生の課題」と題してお話を伺いました。 1.脱原発が福島復興の大前提とする点は、県議会の全会派が賛成。これまでの国のエネルギー政策を根本的に見直すことを避けては通れない。 2.コミュニティベースの復興が基本理念 改めて地域のきずなを見直し、そこから将…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

にんにく収穫

7月31日 晴れ 上越線は終日運休 にんにく収穫 よく出来たのを割る よい大きさの粒ぞろい 匂いが食欲をそそる カツレツを変更してソテーに スライスしたにんにくを油で炒め にんにくを出して その油で豚肉をソテー 肉が焼けた マイファームでとれたまるなすもソテー 厚切りがいい 出来たボークソテーは塩胡椒 焼き肉たれはいらない ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい家族

7月26日 晴れ 玄関の電灯につばめの夫婦が作った巣につばめのあかちゃんが4わ。 まだ生まれたばかりか、目が開いていない。暑さのせいか、巣のへりに顎をのせてくたっとしているが、親が餌をもってくると大きな口をあける。 今年はどこの田も虫の発生が多いらしく、つばめが沢山集落の田んぼの上空を飛び舞っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棚田日誌

7月25日 晴れ 棚田の水が気がかり 1号は2号の水の余りが落ちて来るのを待つので なかなか堪らない(1枚目) 上の田からは 法面のあちこちから水がにじみ出てくる これらを集めるために 法面の足元に水路を作る 集めた水を田に入れたり閉じたりして管理する 水路のもうひとつの機能が水温度調整 雪溶け頃の冷たい湧き水を 一度水路を通し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩ご飯

7月23日  今日は愛宕様のお祭りだが、棚田に水を引く作業が大変だったので、行かなかった。 文江さんにもらったじゃがいもと、マイファームでとれた玉ねぎでスパニッシュオムレツ。となりはマイファームで今年初めてとれた十全なすを素揚げして、生姜とポン酢でいただく。 卵以外は地産地消。衛さんといっしょに食べた。明日の足湯でかき氷をだそうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more