テーマ:法末の冬

雪割り草と特産ワサビ

4月11日 雨  山野草館の館長の大橋比奈男さんは、めずらしい植物を見つけてきては小国で栽培して、特産品を開発しようとしてきた。そのひとつに岩手県特産のワサビがある。(写真1)尻平川周辺で採れる。葉っぱと茎をゆがいて食べると、つんとくる辛みと香りが魅力。花(写真2)はまだ咲かないが、食べてみると香りと辛みが爽やか。ふりかけや漬物として…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

雪とうぐいす

4月6日 雪  この時期に雪である。集落の住民も驚いている。 ここ数日の暴風雨で汚れた雪が、きれいに隠された。 ところが今朝、うぐいすが啼いていた。春の陽気に誘われて出てきたが、驚いているのだろう。今年初のうぐいすである。 写真は現在のカフェ周辺。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

被害は窓ガラス1枚

4月4日 暴風  昨夜から激しい風が集落を襲っている。カフェは沢に面しているので、谷底から吹き上げる風がもろに当たる。今回は南西からの風なので、ことさら厳しい。 屋根が大きいので吹き飛ばされる心配はないけど、昔ながらの薄いガラスと木枠の窓があちこちにあり、なにより隙間だらけなので、家のなかを風が通る感じ。寒い。 夜中の2時ころ、ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふきのとう発見!

3月30日 曇りときどき晴れ この一週間はだいぶ暖かくなってきて、雪が溶け始めて土があちこちから顔を出している。 ひょっとしてと期待しながら、集落のあちこち、陽あたりのよさそうなところを、ふきのとうを探して歩く。 集落の人は「まだまだだろう」と言うが。 そしてついに発見!春ははもうすぐ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロール白菜です

3月17日 雨  この冬は雪ほりでかんじきを何足もこわしたんで、今日は修理。 さて、晩飯。冷蔵庫野菜室の奥にしなびた白菜を発見。しまった3週間まえに買ったのが、冷蔵庫に隠れて餓死状態。これじゃ鍋でも喰えない。そこでロール白菜にチャレンジ、。なにしろ茹でてやわらかくする必要がない。さっそくひき肉とたまねぎをこねこね。ひたひたのスープで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪掘り日誌19

3月9日 雨  さすがに気温がぬるくなってきて、雨がふるようになってきた。 しかし相変わらず、屋根の雪掘りは続く 溶けてまた凍って重く固くなった雪をどかすのは大変だ  去年は今頃、屋根の軒先に大きな雪庇ができて、それが垂木も桁も折った。 ことしはこの経験から、なるべく屋根の雪はこまめにどかしてきた 一人でずっと。 ここ3週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイスブレンド

3月1日 晴れ  山西さんから頂いたHORIGUCHI 珈琲を入れて、トーストで朝食。うーんナイスブレンド(古) 次はパンを手づくりで楽しみたい。早く雪がなくなって、石ガマで焼いてみたい。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学芸大の院生ご一行

2月27日 雪  学芸大学の地理学の研究室の院生が取材に4人来て 泊まった 震災後の過疎集落対策を調べて 修士論文にするつもりらしい。 昨日は弥市さんが震災復興の記録を持ってきてくれて、少し話して行った。 今日は、昭司さんが来て、集落の現状やこれまでの問題など話してくれた。 僕も、エイドの活動経緯をスライドを交えて話してあげて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌

2月25日 曇り  昭司さんと足湯に石窯をつくる計画について相談 4月になったら白倉のピザ窯を見学に行くことに 先日教えたロケットストーブを足湯の熱源と石窯につかうつもりらしい 今後足湯の修理や改良に振興組合の予算でやってもらわないと コメリで半透明のプラ板と角材を買ってくる 台所のガラス戸をくずれた廊下の屋根の小屋組みが押し破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに雪につぶれた

2月24日 曇り  東京から帰ったが、雪は道路にない。 もう雪も峠を越えたようだ  とのん気にカフェに帰ると、となりのキイコさんが「屋根が落ちた」という 正確には土蔵につながっている廊下が潰れたということ これはいずれそうなると覚悟していたので、驚かなかったが、問題は母屋にどのくらい被害があるか さっそく調べると、母屋の一部も壊…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌18

2月19日 晴れ夜も快晴で満天の星空  記録的な大雪で、新潟県はスコップ隊という除雪ボランティアを募った。トラック運転手がつくる「ウタマロ会」という怪しい兄ちゃん達が、これまた妙なデコレーションのバスでおいでなすった。小千谷で大熊さんを拾って、買い物して帰ると カフェの玄関あたりで、数人の男が何かしている。見ると昭司さんがいて、玄関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌18

2月18日 (土) 晴れと雪 家の中にいると、みしみし音がして、戸が開けずらくなったりする。軒先の雪が屋根をへし折ろうとしているのが分かる。今日は必死に屋根の雪を降ろした。屋根をすべり落ちて、圧縮された部分や、溶け始めて凍った軒先の雪は岩のように固い、これをスコップで割って放り投げるのだが、2時間以上もやっていると、肘や手首が悲鳴をあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌17

2月16日 晴れ  囲碁のお師匠さんの重英さんが亡くなった。雪が深くて、家では葬式の準備ができないので、病院から直接葬儀場に運んで告別式をした。東京と行ったり来たりもあって行きそびれたので、今日お悔やみに行った。奥さんのヨシノさんは普段と変わらず、明るくよくしゃべった。「宮田さんが囲碁を習いに来てくれて、本当にうれしそうだった、ありが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌17

2月12日 曇りときどき晴れまたは雪  今日も雪掘り 日曜も休日も返上 玄関の戸が一部開かなくなった 屋根の雪の重みで梁や鴨居が下がるから 家にいるとときどきバキッとかミシッという音がする 家でストーブやコンロで火をたくので その熱で屋根の雪の下の方がとけて氷になり、ずれて軒先にオーバーハングする この荷重で垂木や桁が折れるほど重い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌16

2月11日 晴れときどき雪  なんとか無事に雪掘り終了 と言っても南向きの大屋根だけ 予報がはずれて天気は小康状態 積もった雪がとけて固くなるまえに屋根に登り、上の方から放り投げた 夕方久しぶりの夕焼け 屋根から見る夕景はなかなか よく働いたのでご褒美に温泉へ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌15

2月10日 大雪警報  東京での予定をキャンセルして、慌てて法末に戻った。 小千谷市内に一昨日駐車したエイド号が写真の状態。幸いワイパーが折られていなかったが、掘りだすのに30分以上かかった。市内でこうだから、山の法末はどうなることやら。 はたして、カフェの周囲を見渡すと、写真のような状態。カフェは地上10mの棟から屋根ごとすっぽ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねぎはどうしよう

2月8日 大雪警報  もらった深谷ねぎがいっぱいあるので、青いところを冷凍して保管して、薬味や鍋の具などに使おう。どぶろくも順調。もう家に入ると、甘い芳香が鼻をくすぐる。まだアルコールは弱いが、甘みが強い。もち米をうるちにブレンドしたおかげか。今年は冷え込みが続くので、熟成はゆっくり 果報は寝て待てか。それにしても雪がすごい。細かい粒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌14

2月7日 雨  今日で5日間 いまだ水道は復旧せず 外にある蛇口から水をくみれて、風呂桶にためて、それを洗いものなどに使っている。 物置の屋根の雪がそっくり屋根からずれて落ちて、中途半端に軒先にひっかかていて、心配なのでスコップで書き落とした。 ふりかえって、母屋の瓦屋根を見ると、これまで5回降ろした雪が積もって、もう少しで屋根と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天神囃子準備いろいろ

2月7日 晴れ  午前中 地元小国町の3小学校と小国中学校の校長の集まりで、囲碁のプロ小川誠子六段の講演会企画を売り込む。ネックは謝金、交通費込みで10万円は厳しいらしい。講演会を開いても、保護者が集まらないとこぼしている。集まらないから予算をつけられないと。あとで幹事の上小国小の安井先生から連絡がくる。 帰りに比奈男さんの山野草館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌13

2月4日 一日中雪  とうとう水道は復旧しなかった 一日中冷え込んだ 雪掘りは前庭と軒先のつながった雪をどかすだけで終わった。 夜11時 正平さん(92歳)とこで晩飯たべての帰り。暗い夜道、だいぶ前にできたタイヤ跡をなぞるように 獣の足跡 狸にしては歩幅が大きい 野犬かきつねか 雪ですっかり静かになった集落は 妖怪が飛び回っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪掘り日誌12 大雪で上野村は断念

2月3日 晴れ@法末 たしかに高速バスで越後湯沢を通ったときは、かなり雪が多いなと感じた。いざ峠道を越えて集落に入ると カフェはなんとか屋根がみえる状態(写真2) 玄関への直登ルートを掘ると 屋根にうさぎの足跡 屋根から落ちた雪が積もって とうとう屋根の雪とつながって そこをうさ公は登ったようだ (写真3) 玄関がみつかった(写真4)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雪ほり日誌たしか10

1月27日 大雪警報  新潟のニュースのトップが大雪情報だから、大変らしい。 カフェの瓦屋根は2メーターを越えている。とりあえず自分の背丈くらいまでは降ろす。スケールが写真で分かるだろうか。赤い柄のついた雪かきの道具(スノーダンプ)を使っても、上はスコップでやらないと。雪が湿っていて、スコップやダンプにくっつく。そうすると重くて体力…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

孤立状態

1月26日 大雪警報  昨日、写真1の玄関先はふつうに歩いて入れたから、一晩で80センチくらい積もった感じ。一昨日、どかした軒先の雪は写真2のようにもとにもどった、というかもっとひどくなっている。これを早くどかさないと、またさらに上に雪が重なって、圧雪され岩のようになる。そうなるまえに、やわらかいうちにスコップでどかさなければ。 上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねぎチャーハン

1月25日 雪  昼、深谷市の友人から特産深谷ねぎがごっそり送られてきた。こっちも負けずに、とっておきの棚田米を送ることに。 まずは一本取り出して、ざくざくと粗みじんにし、よく熱したシナ鍋(コンロも大容量を配備)に油とねぎで香り付け、晩飯の残りを放り込んで、魚肉ソーセージも入れて、強火でカッコッカと2分で出来上がり。ねぎ好きがねぎを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶりかま大根

1月25日 晴れときどき雪@法末  午後 JAに行こうと外に出たら雪だらけ。車を出すのに30分かかった。たしか朝見た時は、雪は積もっていなかった。JA柏崎小国支所の飯塚所長に会って、宮城県の農家にお米買ってもらって、それを支援希望者に売ってはどうかと相談してみた。農家が都市住民に直接販売するマーケット開拓はJAの営業妨害になるだろうけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪ほり日誌9

1月23日 雪  雪が小やみになった時に、軒先の雪をどかした。写真のように縁側前の堰板の最上部が雪で押されている。このままだと、板を押し割って、ガラス戸も割って、中に入ってくるかもしてれない。とりあえず、上の方だけどかした。どうせまた屋根からの雪がつもってしまう。 雪掘りのあと、米を蒸かして、どぶろく第2号を仕込む。うるち米一升、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪ほり日誌8

1月22日 晴れ@法末 1週間ぶりに帰った 新潟は穏やかな一日 カフェの雪は以外に少ない 南側屋根の雪はさすがに地面の雪とつながっている 悪さをしないうちに明日どかそう 水道あどの被害はない まずチェックしたのがどぶろく 美味く発酵している 麹を多めにしたためか、アルコール度が強い ワインなみの度数だろうか よしよし これを酒種に明日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1週間ぶりのカフェ どぶろくは順調

1月22日 晴れ@法末 1週間ぶりに帰った 新潟は穏やかな一日 カフェの雪は以外に少ない 南側屋根の雪はさすがに地面の雪とつながっている 悪さをしないうちに明日どかそう 水道などの被害はない まずチェックしたのがどぶろく 美味く発酵している 麹を多めにしたためか、アルコール度が強い ワインなみの度数だろうか よしよし これを酒種に明日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賽の神 お茶会 2012

1月15日 大雪  集落恒例の斉の神 どんど焼きである 藁を積んで燃やして、一年の無病息災を祈る エイドが参加するのは7回目 我々の棚田の稲藁もたっぷり入っている 写真のようにイカをあぶって分け合って食べる 酒も振る舞われる 雪に覆われ、静まりかえった集落がひととき、歓声と笑顔に溢れる。 その後、これも集落の恒例になりつつある初釜 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪ほり日誌8

1月13日 一日中雪  終末15日のどんど焼き(賽の神)を盛り上げるように、どんどん雪は降ってくれる。 1時間前に除雪した県道もすぐに写真のような状態。町に用事で行くのも大変。 こんな状態だから、カフェの屋根から落ちる雪の処理も大変。一昨日どけたところが、もう写真のような状態。2時間後の写真と比較。 ところで今年仕込んだどぶろく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more