テーマ:2013農作業日誌

雪がふっての冬支度

11月13日 雪ときどき曇り 雪の中 ポンプ小屋の雪対策に 細い農道は雪で滑りやすく危険 ここから先はソリに道具を載せて 徒歩で小屋までむかう。雪のおかげでソリの荷物は重くなく滑る。 斜面に造られたポンプ小屋は 崖がわに雪に押されて崩れそう 基礎や土台の補強を 不安定な斜面で 雪に足をとられながら作業 滑ってころんで下の池にドボン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米を来年も

10月31日 くもり 今年働いてくれた棚田のお手入れ 斜面に造った棚田は、ゆっくり下へと移動する。まず畔のすぐわきの土にヒビが入る。 田の土面と下に崩れようとする畔と法面とが離れるのがヒビの原因。 このヒビを放っておくと そこから水がもれて 棚田に水が貯まらないことになる。 ヒビが大きくなるまえに 土で埋めればよいわけで 写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味し棚田米をつくるために

10月27日 晴れ 写真はトラクターの操縦席から 4つのペダルと6つのレバーを操って 土をほったり 動かしたりする楽しい作業 写真は秋の田打ちをしているところ 左半分が打ったあと 右側が稲刈したまま こうして土と刈り残しのカブをひっくりかえして 土をまぜて空気と触れさせて 発酵などの作用を促進させる これが来年の米作りに大きく影響する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年への準備

10月27日 曇り&雨 来年へ向けて 棚田での作業が始まっている。 まずは土づくり 稲刈りの後 稲藁がばらまかれている田の土に藁をすきこむ その藁が発酵して来年の肥料になる トラクターでやるが その前に先日の台風で飛んできた杉の葉や枝を取り除く作業がある 写真のようにソリを引いて そこに杉を載せて捨てる 今年は土づくりに失敗した棚田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(故障か)

10月4日 晴れ 台風の影響はなかった新潟。 今年の秋は比較的穏やかな天候が続く。 しかし稲刈りはいろいろある。 一番の恐怖はコンバインの故障。こいつが動かないと、今は稲刈りができない。 人力では無理。昔は家族親戚総出で刈り取り。天日干し、脱穀とこなしただろうが、いまはそんなキツイ作業はみんないやがる。 ウチは現在宮田ひとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(千葉大稲刈りツアー)

9月29日 晴れ 千葉大の木下勇教授のゼミの合宿が法末で行われた。 男女6人で元気に稲刈りを体験。 木下先生は伊豆の農村の出身で こどものころは稲刈りの手伝いをさせられたとのこと。 泥が湿っていて 機械が入らないところを刈ってもらったが ちゃんと稲刈りらしいもんぺ姿の人もいたりして気合い充分(写真右はじ) 2時間ほど楽しそうにや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(泥田で稲刈り)

9月27日 晴れ 写真はバインダーという稲刈り用の機械 稲を切り取って 紐で結んで束ねてくれる便利なやつ 普通はコンバインという稲を刈って 同時に脱穀してしまうキャタピラーで動く機械を使うが 田の土が柔らかいと重いコンバインは沈んでエンコしてしまう。 そこで軽いバインダーの登場だ。 それも使えないほどどろどろの田は 人間が自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013

9月24日 快晴 爽やかな秋晴れというより 夏に戻ったような暑~い一日 棚田の所有者の大橋利雄さん まもちゃんこと大橋衛さん 千葉大の藤井君の4人で稲刈スタート 利雄さんのコンバインとうちのとで2台体制で一気に6段を刈ってしまおうと頑張った 写真のフォークリフトに吊るされた籾袋に1反半の籾が入る これから籾は機械乾燥して ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(稲刈り ああなんてことだ!)

9月21日 晴れ かなり暑い 老人には危険な作業日だが 稲刈には好条件 2013年の稲刈りが始まった 今年は参加者が少なく こころもとない高齢者集団だが 千葉大4年の元気な学生が助っ人として参加 今年は楽勝のはずだった。しかしなんて事だ! 棚田がどろどろ 一番上の田に水が溢れ 下の2枚にもたっぷり水が入っていた つい数日前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風の被害

9月17日 晴れ 昨日の台風の被害 ナスの木が10本ほど支柱ごと倒された ナスはまだまだ元気に実を成らせてくれている 棚田の稲はまた倒された 周辺一帯の水田はひどい倒伏状態 今年はみんな稲刈りが大変だ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実りの秋

9月14日 雨のち晴れ 台風18号の雨がどこまで被害をもたらすかが心配。 マイファームのナスは元気。写真のように 葉っぱを天に向かって伸ばし ナスの実がどんどん成っている。 稲作はもうすぐクライマックス。来週には刈り取りが始まる。 いろんな稲刈体験ゲストが来る。その準備がけっこう手間だが、お米の有難さを実感してもらえれば、良い値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(雨の被害)

9月6日 雨 西日本では集中豪雨の被害が厳しいが、ここ新潟では土砂崩れなどの大規模災害は発生していないが(これまでのところ)、稲作には被害が出始めている。 穂が実り、頭が重くなった稲を雨が湿らせて倒す倒伏である。 今年は雨が激しく降る。あと一週間で稲刈という段階でやられる。地面につくほどに倒れると、種籾が土に触れて芽を出してしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れの法末

9月4日 晴れ 台風17号が温帯低気圧に変わったせいか、ここ新潟は快晴。 もうすぐ稲刈り。 コンバイン(稲刈脱穀機)が動けるように 田の土を乾かして固くする。 あんま雨が降ってほしくない 最近の集中豪雨で稲が倒されている。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

美味しいナスをつくるぞ2013 日照りだ

8月17日 晴れ  ナスはいよいよ成り始めているが、水不足が心配 水を大きな漬物樽に水を入れて トラックに積んで畑に行く ジョーロでナスの根元に水を注ぐ そうしながら虫にくわれた葉や余計な芽をつんだり雑草を抜いたりして面倒を見る ナスを作り始めて4年目 やっとナス一本一本に目を配れるようになった 通りかかる住民と挨拶する いつ苗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しいナスをつくるぞ2013

8月13日 晴れ 今日も朝から快晴だが、風が少し涼しく感じられる 秋の気配か 畑のなすが出来始めている 写真は特産の八石なす(きんちゃくナスとも呼ぶ) どうだ!この張りと艶。このくらいでとると、実が固く締まっていて、漬物にちょうどよい。煮ても、揚げても美味しい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にんにく収穫

8月9日 晴れ 早朝 陽が高くならないうちに畑の作業 にんにくを収穫した。土づくりが素人なのか 追肥が足らないのか 全体に小粒。このままでは商品にならないので、片ごとに皮をむいて 冷蔵して必要なときに好きなだけ使えるようにして売るか にんにくはまあまあだが、思いがけない収穫があった みみずである 写真の右の袋に入っている 土を掘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コツは予め素揚げに(美味しいナスを作るぞ2013)

8月1日 雨 曇り 晴れ 我が畑の最初のナスの収穫。八石なす(きんちゃくなすとも言う長岡特産野菜)ほんの3つだけ。いっぱい採れるのはまだまだ先。 ナス3つとピーマンで味噌炒めを作った。八石jなすは実がしまっていて、火が通りにくいので、先に油で素揚げにしておく。あとは普通の味噌炒めの順序。 結果、美味い!なにしろナスが甘い。シアワセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(豪雨あけ)

8月1日 雨のちくもり 昨夜 2度目の豪雨 長岡は信濃川下流沿いの市街地などが大変だったようだ。 法末もすごい豪雨だった。朝 さっそく棚田の見廻りに出る。 今回も被害はない模様だが、油断はできない。 山の上の方にしみ込んだ雨が、あちこちの横穴から噴出している。これらは普段、棚田の貴重な水源だが、大雨のあとは大量の水が、後で出続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雨が過ぎて(美味しい棚田米を作るぞ2013)

7月30日 晴れときどき雨のち曇り 昨夜の豪雨はすごかった。 棚田が心配で何度も起きた。 朝 雨はやんで 濃い霧が漂う(集落が雨雲のなかにいるようだ)なか、さっそく棚田の様子を見に行った。 そこの畔はもっと土を盛っておけば良かったとか、あそこの水口(みなくち)は大丈夫だったろうかと気をもみながら歩いてまわった。 幸い どの棚田も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しいなすを作るぞ0723

7月23日 曇り 雷雨 棚田の草刈りで朝出のついでに ナス畑を見て回る ナスのあかちゃんはしっかり育っているけど 木そのものがまだ頼りない 畑のセンセの隆幸さんに聞くと 「植え替えて3週間なrこんなもの、ただ葉っぱの色が薄いから肥料を充分吸い上げていないのだろう 」とのこと。たしかに例年ナスの葉っぱは元気に成長すると紫がかって黒ずん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しいなすを作るぞ

7月19日 晴れ 朝、畑のナスの支柱を立てた。 花が咲いて 茎や葉がしっかり成長しているのだけ。 ここ最近は雨が適当に降ってくれるので 水やりもしなくて助かる 雑草対策の藁マルチも機能している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛍発見inマイ棚田

7月16日 晴れ 草刈りを暗くなるまでやった 月明かりのなか 棚田脇の農道を歩いてかえる途中 草藪に光るもの発見 こんなところで 蛍が一匹光ってる 棚田の水がめの池があるので ここの清水で暮らしているのか 下の棚田は蛍の群生地なのでそこから飛んできたのか  携帯の写真なので分かりづらいかも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しいナスをつくるぞ

7月15日 雨のち晴れ 畑のナスに 最初のナスの赤ちゃん発見 土が良いし 日当たりがよくて 雨が降って水も足りているので 育ちが早い感じ いっぱい成ったら 東京に売りに行こう 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナスの花が咲いた

7月9日 晴れ 朝 今日は暑くなりそうなので 早朝からナス畑で作業 ナスの花がいくつか咲いていた 全部で60ほど植えたので、まだほとんどは成長途中だけど 順調なようだ 写真のように ナスを植えた畝に藁をひいた これは土の乾燥を防ぐのと 雑草を生やさない効果がある。農家は普通 マルチとよんでビニールをひくけど 好きになれない  使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝市に出荷

7月7日 雨 早朝 雨のなか、ミズという山菜を採ってきた。 茹でて 刻むととろとろの食材になり、地元では好まれるので 朝市に出している。 束ねて 値段つけて 行って来ます 5時半
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい野菜をつくるぞ2013

7月5日 雨 ちょうど良い具合の雨 畑にナスtカボチャとスイカの苗を植えた 今年からこへいどんのかあちゃんが使っていた畑を借りることにした。 土がふかふかで 良い野菜gつくれそう。 ナス七さくといって、ナスはてをかければおいしいなすができるらしい 成長記録をちょこちょこアップしようと思う できた野菜は東京に持って行って売ろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(雨は欲しいけど)

7月3日 曇りのち雨 これから日本海側は荒れる予報。 2週間ぶりの雨だから嬉しいけど 油断すると水が氾濫して 畔を壊したりするからご用心 写真は今年から借りている棚田の畔の斜面(くろ) よく見ると、一部の土が崩れている ねずみの仕業か あるいは上の田の水が抜けているのか このままだと崩れてしまうかも 心配なので集落の土木工事専…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美味しい棚田米をつくるぞ2013(面白くなってきた)

7月2日 晴れ 黒姫山を眺める自慢の棚田(今年で4年目)の下2枚(棚田1号&2号)に異変。 明らかに生育障害がある。 昨日 農協の稲作指導員の佐藤課長にきて見てもらったところ、薬害らしいとのこと。今年は田植え直後に除草剤「ゴウワン」を撒いた。その成分が稲に悪さをしたのだろうと。 上の写真が生育障害の棚田1号、下が同じ沢にある4号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田植えは終わったがー美味しい棚田米をつくるぞ

6月30日 晴れ 田植えはなんとか終わった  MGAのみんなが苗に水やりしたり田打ちしてくれた棚田が出来上がった 5,000㎡から10,000㎡に倍増したことで、全部ひとりで出来るかをみんな心配していたようだ なにしろ住民がはじめてと言うほどの以異常な日照り続き しかも昨年まで耕作していた持ち主が、雪どけ直後の田打ち(これが山…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

やっと田植えが終わる

6月20日 曇り 昨日の雨で、最後まで手がつかなかった小さな棚田を田打ち 代かきして田植えできるようになった。 苗代でずっと出番を待っていた苗が背が伸びすぎたので、頭をちょっと散髪。 ちょきちょきやってると、床屋さんの気分が味わえた さあ 田植えが終われば 雑草との戦いだが その前に週末はゲストらと蛍見物に越路まで行ってこよう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more